姫路店のレイアウト変更が始まりました!

姫路店はヒットの中で、売場面積が一番広く、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ショールームがあり、実際の厨房のイメージを掴むことや、テストキッチンとして利用する事が出来るため、多くのお客様がご来店されます。

そんな姫路店ですが、実はずっと抱えている問題がありました。

「店舗の整理が出来ていない!」

お客様の中にも「整理整頓されていないなぁ」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?(足場が悪くてご迷惑をおかけしました)

重量のある機器を運ぶのは、人手がいる上に時間が掛かります。それに加えて、配達や打ち合わせなどで人手が揃わないことが多く、なかなか整理整頓が出来ていませんでした。

時間がある時に、全員で一斉に商品を整理整頓!というのを行っていましたが、この方法にも限界があり、このままではいけない!

ということで、“陳列方法”を変更することにしました。

ちなみに、以前はこんな感じで陳列していました。この時の整理整頓は、ただ並べてあるという印象がありますね。

この平面的な状態から、店舗の高さを生かし立体的に陳列して「倉庫化」にしていきます。

倉庫化にすると、メリットが生まれてきます。

まずは、人ではなくフォークリフトを使用して厨房機器の整理を行います。今まで、機械を使用することなく台車に乗せたり、数人で持ち上げたりして動かし陳列していました。重量のある機器は人手がいる上、時間も掛かります。フォークリフトを使用することで、少人数・短時間での作業を行うことが出来ます。

(ここだけの話ですが…)

店舗の整理はスタッフにとって心理的負担となっていたので、ここから解放される意義は大きいです。今なら「俺がする!」というぐらいのスタッフもいるくらいの勢いです。

でも、この方式だと容易に商品を確認出来ないのでは…?と思われるかもしれませんが、ヒットは独自のシステムで、平棚1つでも情報を共有出来ているという強みがあります。商品の在庫状況に加えて、状態・年式・値段が分かるので、お客様に実際に商品を見て頂かなくても、ご検討頂くことが可能です♪これが出来ていないと倉庫化は難しいです。

それに実は、厨房機器一式案件となると、お客様が実際に商品を一つ一つ確認するというこがあまりありません。飲食店のオーナー様は、オープンに向けて忙しく、スタッフにお任せ!という方もいらっしゃいます。お客様との信頼関係を築いているからこそですね。

デメリットといえば…、その日に持って帰りたい!や、今すぐ実物を見たい!というお客様の対応が遅れることがあります。でも、その問題は改善するように、今後努力していくつもりです。

さて、今回用意したラックは80台、パレットは100枚くらい。ラックは残り20台くらいまでになりましたが、今日70本追加されました。

作業は、姫路店スタッフ全員で行いました。

忙しいこともあり、普段は中々揃わないスタッフ達が、倉庫化のため全員で作業を進めます。

当社社長も一緒にお手伝い♪

組み立てたラックの上に厨房機器を配置していきます。

店舗の高さを活かし、綺麗に収納されました。

以前とは、全く違うレイアウトになっています。今はまだ作業中ですが、完成が楽しみです。

この倉庫化で、ヒットが描いている夢へ一歩近づくことが出来ました。どんどん成長し続けるヒットにご期待下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。